もっと若いときにやればよかった!歯列矯正の体験談

体験談

歯列矯正

更新日:

もっと若いときにやればよかった!歯列矯正の体験談

8年前にデーモンシステム法という矯正治療法で歯科矯正を行ったMAYAさん。なぜ矯正をしようと思ったのか?やってどうなのか?をBiVa編集部がぶっちゃけて体験談を聞かせていただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
もっと若いときにやればよかった!歯列矯正の体験談

目次

歯を白くしたい!その想いから歯列矯正へ

いつ頃歯列矯正をされていましたか?

8年ほど前です。

なにがきっかけで歯列矯正をやろうと思ったんですか?

以前から歯が変色していることが気になっていたんです。笑うときに歯を見せないように笑う癖がつくくらい。それで以前吸っていたタバコをやめたのをきっかけに、ホワイトニングを一般歯科でやってもらいました。

しかし、ホワイトニングの効果がほとんどなく、歯の変色は治りませんでした。私の歯の変色は、歯ができる幼い頃に、強い薬のテトラサイクリン系抗生物質を長期間服用していたことが原因だったようです。

通っていた一般歯科でホワイトニング以外で歯を白くする方法を相談したところ、「ラミネートベニア」を教えてもらいました。このラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削ってネイルチップのようなセラミックのシェルを貼り付ける方法なんです。

私の場合は、部分的ではなく、すべての歯にラミネートベニアを行いたいと思っていました。歯にネイルチップのようなものを貼ってせっかく歯を白くしても、歯が重なりあっているとイマイチ美しくないですよね?だから先に歯並びを美しくしよう!と思ったことがきっかけで歯列矯正をすることにしました。

ラミネートベニアについては「ラミネートベニアを提案されたけどこれって何?」に詳しい情報をまとめました。

お金がかかるから矯正歯科は慎重に調べました

歯列矯正は通っていた一般歯科で行ったんですか?

矯正歯科専門医を別で探しました。
高価なものなのでかなり慎重に時間をかけて調べました。

どうやって矯正歯科を探しましたか?

歯列矯正経験のある知り合いに聞いたり、ネットで調べたりしました。

当時mixiをやっていたので、歯列矯正や矯正歯科のコミュニティに参加して情報収集をしました。クチコミサイトのように書き込みが匿名性の高いところは情報が信用できるかどうか分からなかったのであまり見ませんでした。

定期的に長い期間通うことになるので、やはり通いやすい場所にあることは重要でした。

そして治療方法では、当時新しかったデーモンシステム法が、歯への負担や痛みが少なく、また治療期間も短いと考え、デーモンシステム法を取り入れている矯正歯科医院へ相談に行きました。

相談は1医院だけですか?

いいえ。とにかくお金が高いので数軒の矯正歯科医院に相談に行き見積を作成してもらいました。

数軒の矯正歯科医院をまわってみて決め手になったのはどこですか?

歯列矯正は何度も長い期間通うことになるので、まず先生が相談しやすく話しやすいかどうか、スタッフの感じがよいかどうかを一番見ました。

私の個人的な意見なのですが「イヤだなぁ」と思った矯正歯科医院が1件ありました。そこは個室でいきなり説明ビデオを見せられるという(苦笑)。それもひとりきりで。これは医院にとっては効率がよいんでしょうけど、いきなりのビデオだったので、ちゃんと患者さんの話を聞いてくれるのかな?と不安になりました。

ということがあったので、私は会って話をしてみて信頼できる先生かどうかが重要になりました。あとは通いやすさと、これは私だけかもしれませんが予約のとりやすさも重視しました。

普通は「予約がとりやすい」=「患者さんが少ない、はやっていない」と考える人が多いと思いますが、働きながら通院するわけですから自分の都合のいい時間に診察が受けられないのは困る、と考えていたからです。

また、歯列矯正は先生の経験や技術力が大事、と言われますが、正直それは話を聞いてもホームページを見ても実は判断がつきませんでした(笑)。

当時デーモンシステムを取り入れている矯正歯科医院で行ったところは、どこも医院内は新しく清潔でしたし、「新しい方法を取り入れている」=「最新設備が導入されている」と考えていましたので、その部分での優劣もつけがたかったです。

まとめると、矯正歯科医院を選んだ優先順位はこうなりますね。

  • デーモンシステム法で治療できること
  • 先生が感じがよく自分の話をよく聞いてくれてコミュニケーションがとれ信頼できること
  • 通いやすいこと
  • 予約がとりやすいこと

矯正歯科医院を選んだ順位に矯正治療費は入らないんですか?

どこもだいたい同じくらいの治療費の見積もりだったし、デーモンシステムはむしろ高額な治療法だったから、矯正歯科医院を選ぶ優先順位に治療費は入らなかったですね。

矯正治療の流れ・治療中はとにかくめんどくさい!

デーモンシステム(表側矯正)で歯列矯正をされていた、とのことですがどのような治療の流れだったのですか?

まず検査を行いました。レントゲン撮影などの精密検査です。
次にどのように治療を進めていくかを先生と相談しながら治療計画を決めていきました。

私の場合は抜歯をせず、1年半ぐらいかけて表側矯正をやりました。
そのあと、また1年半くらい食べる時以外はリテーナーをつけていました。

今でも週に1,2回マウスピースをつけるようにしています。これはせっかく歯列矯正で動かした歯が元に戻ろうとするのを抑えるためです。

その後は、半年に1回くらい定期検診に通っています。定期検診ではかみ合わせのチェック、歯石取りなど歯のクリーニングを行っています。

矯正治療はいくらぐらいかかりましたか?

表側矯正1年半、リテーナー1年半で、再診料や経過観察を含めてトータルでは100万円近くかかりました。

矯正料金表

表側矯正だったんですね。見た目が気になるかと思うのですが、見えない裏側矯正を選ばなかった理由はありますか?

確かに裏側矯正は見えないから見た目はいいんですけど、喋りづらかったり食べづらかったり歯磨きがしづらかったりすると聞いていたので、めんどくさがりな私には無理かな?と(笑)

矯正をやっていた1年半の間、「やらなきゃよかった」と思ったことはありますか?

「やらなきゃよかった」と思ったことはないですけど、「めんどくさいなぁ…」とはしょっちゅう思っていました(笑)

  • 歯みがきがしづらい
  • 固いものが食べられない
  • ずっと鈍痛がしている感じがする
  • ときどき針金がはずれたり器具がとれかけたりする

こんなことが続くと「めんどくさい!」と思いますよね。ですが、美しい歯並びのためと自分にいいきかせて(笑)

歯列矯正、かなり痛いんですか?

私の場合は「我慢できないくらいすごく痛い」ということはなかったです。
器具が当たって痛い、とかでもなく、歯がじわじわと動いているからなんとなく鈍痛が続いている感覚ですね。

矯正治療の最初の頃は、口の中の違和感、異物感がありましたけどそのうち慣れてきました。考えるのをあきらめた、ってとこもありますけど。

歯列矯正をするなら絶対若いほうがいい!

矯正治療を終えた口元

歯列矯正をやってよかったと今思いますか?

うーん。一長一短かな?
もともと歯並びを綺麗にした目的がラミネートベニアをやる為なので…

あと、歯の矯正をやったことで歯茎が下がってしまいました。これは最初の治療計画の段階で先生から説明は受けていたので納得して矯正治療をやったわけですけど、やっぱり歯茎が下がるのはイヤですよね。

ですが、歯茎下がりで歯と歯茎の間にできたすき間(ブラックトライアングル)はラミネートベニアをやることで目立たなくなるそうです。

歯列矯正をやってよかったことは、歯の噛み合わせが変わったことです。
意識せず口を閉じたときに、前歯の方は上の歯列が下の歯列に被さっていて奥歯を噛みしめていたのですが、矯正治療後は奥歯を噛みすぎていたのが柔らかくなりました。

歯の矯正をやると必ず歯茎が下がってしまうんですか?

必ず誰しも歯茎が下がるわけではないんです。

歯の矯正は人工的に歯を動かすわけで、歯茎にも大きな負担を与えるんですよね。
また歯茎が下がるのは加齢も影響しているそうです。

矯正治療は年齢関係なくできますが、歯茎や顎の骨の柔軟性が歳とともになくなってくるそうで、歳をとればとるほど治療後のリスクが増えてきてしまいます。歯茎下がりだけじゃなく、せっかく矯正した歯も元に戻ろうとしてしまうんだそうです。

歯列矯正をするなら絶対若いときにやったほうがいい!と今の私ならお薦めします。

歯列矯正の体験談インタビューを終えて

8年前の記憶を手繰り寄せながら歯列矯正の体験談をお話してくださったMAYAさん。

「歯を白くしたい!」という想いから始まった歯列矯正。

そのきっかけから、どのように矯正歯科医院を見つけたか、またどうやって矯正治療が進んでいったか、などさまざまな話を聞くことができました。 信頼できる矯正歯科医を選ぶことの大切さ、歯列矯正をはじめるのは矯正治療後のことを考えると年齢が若い方がいい、などとても勉強にもなりました。 ありがとうございました。

ちなみにラミネートベニア、1本5万円〜15万円くらいかかるそうでまだやっていないそうです。 ラミネートベニア貯金中♪とのこと。

次は白い歯になったMAYAさんにラミネートベニア体験談を聞かせていただけることを楽しみにしています。

この記事を書いた人

BiVa編集部

BiVa編集部

BiVaのスタッフアカウントです。インタビューや医院紹介、実際に使った歯ブラシなどの情報をお届けします。

合わせて読みたい

この記事に関連するタグ