歯ブラシ

更新日:

超音波?音波?電動歯ブラシの違いとおすすめの選び方

歯磨き粉はいろいろ試してみる私ですが、歯ブラシは普通の歯ブラシしか使ったことありません。最近ちょっと電動歯ブラシに興味が出てきたんですが、メーカーも種類もいろいろで、一体どれがいいんだかサッパリ。ということで、電動歯ブラシについて調べてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
超音波?音波?電動歯ブラシの違いとおすすめの選び方

画像:Pixabay

電動歯ブラシの種類と選ぶポイント

電動歯ブラシの違いは大きく分けて次の3つがあります。

高速運動電動歯ブラシ
ブラシ部分が電動で往復、または回転運動をします(2000〜7000回/分)。毛先が当たることで汚れを効率よく落としていきます。
価格(〜数千円程度)な歯ブラシの多くはこのタイプです。歯ブラシを左右に動かしたりする必要がありません。
代表的商品:ブラウン オーラルB
音波歯ブラシ
電動歯ブラシに音波の振動を発生させて歯垢を除去していきます(3万〜5万回/分)。
毛先が当たることで汚れを落とすとともに、音波振動による高速の水流や細かい泡によって、毛先の触れていない範囲の歯垢も除去します。
高速運動電動歯ブラシ同様、歯ブラシをゴシゴシ動かす必要がありません。1万円〜2万円くらい。
代表的商品:パナソニック ドルツ
超音波歯ブラシ
超音波で歯垢を破壊します。
超音波は人間の耳では聞き取ることができないほど速い振動(100万〜150万回/分)のため、普通の歯ブラシのように、歯ブラシをゴシゴシと左右に動かして磨く必要があります。
超音波は歯垢除去能力が音波歯ブラシよりも強いと言われています。
価格は1万5千円〜2万円くらい。
代表的商品:ソニッケアー フレックスケアー

電動歯ブラシを選ぶおすすめポイント5つ

1.一流メーカーのもの
低価格なものには粗悪品もあるため、一流のメーカーを選んだ方が安心です。
2.ブラシが大きすぎない
ブラシが大きいと細かいところまで磨けません。
3.替えブラシが高くない
ランニングコストも大事です!替えブラシの値段を確認して買いましょう。
4.重すぎない
きちんと磨くためにも持ちやすく、軽いものがよいでしょう。
5.真っ直ぐな毛先のもの
丸型のブラシもありますが、普通の歯ブラシのような毛先のものの方がどんな人でもよく磨けます。

ビーバーがオススメする「買うならコレ!電動歯ブラシ」

★2015年モデル★PHILIPS sonicare(フィリップス ソニッケア) 電動歯ブラシ ダイヤモンドクリーン HX9308/00・HX9318/00・HX9352/55

価格: 28,944円
(2015/09/22 20:19時点 )

感想:20件

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン(超音波歯ブラシ)

今回、電動歯ブラシを色々調べた結果、わたくしビーバーが買うならコレ!と思った電動歯ブラシはフィリップスの「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」。

このソニッケアーは筧利夫さんのCMでおなじみですよね。電動歯ブラシとしては6種類出ているのですが、その中でもハイエンドモデルの「ダイヤモンドクリーン」は、ダイヤモンドクリーンブラシヘッドを使うとなんと「約1週間で着色汚れが取れる」そうです。1週間!早い!

仕事中コーヒーが手放せないビーバーにとって着色汚れが自宅でケアできるのはポイントが高かったです。

でも気になるのは、着色を落とす効果があるってことは逆に歯や歯グキを傷めるんじゃないの?ってところだったのですが、このダイヤモンドクリーンの凄いところは汚れを「音波水流」を使って落とすところなんです。

水の流れで汚れを落とすことで、手磨きに比べて力がかかるのを約1/3に押さえてくれるので、むしろ手磨きより歯に優しいのです。後は値段・・・ハイエンドモデルだけあって約3万円とお高め。先になりますがボーナスが入ったら購入してみたいと思います!

  • “音波水流”で毛先の届きにくい歯間や奥歯の歯垢を除去できる!
  • ホワイトモードで約1週間でステインオフ!
  • USB充電可能!電池を気にせず出張先でも使える!
充電時間 約24時間(フル充電の場合)
使用時間 フル充電後、通常使用で約3週間
機能 クリーン:歯をきれいに
センシティブ:歯と歯グキにやさしい
ポリッシュ:歯をつやつやに
ホワイト:約1週間で自然な白さへ
ガムケア:歯グキをケア
価格 1万9千円台〜

参照:「ソニッケアーダイヤモンドクリーン」フィリップス

電動歯ブラシよくある疑問

つぎに電動歯ブラシについてよくある疑問についてまとめてみました。

手磨きよりも電動歯ブラシの方が虫歯の予防ができる?
手磨きでも正しくキチンと磨けていれば、電動歯ブラシと同じくらいの効果が得られます。しかし、電動歯ブラシは効率よく短時間で、どんな人でも歯垢が効率よく落とせるので、より虫歯予防効果が高いと言えるでしょう。
使い続けると歯が削れる?
電動歯ブラシの中でも安いものは粗悪品も多く、パワーが強すぎたりします。そのような歯ブラシを使っていたり、普通のペースト状の歯磨き粉(研磨剤が多く入っている)を使っていると、歯が削れやすくなります。電動歯ブラシ用の歯磨き剤を使いましょう。
歯周病には音波・超音波歯ブラシがよい?
はい、細かい振動が歯垢を広範囲でおとしてくれますし、歯ぐきのマッサージ効果もありますので歯周病により効果的です。

自分にあった電動歯ブラシを選ぶ5つのポイントまとめ

最近、どんどん新機能を搭載した電動歯ブラシが発売されています。ステインを落としたり、強く押し付けるとパワーを制御して磨きすぎを予防したり、などの機能がついているものも。そして、なにより電動歯ブラシを使うと、歯がツルッツルになってすごく気持ちがいいとか。これは一度試してみたいですね。

2016年におすすめしたい電動歯ブラシランキングを歯科衛生士でもあるライターのおかあさんがまとめていますので、こちらも是非読んでみてくださいね。

この記事を書いた人

ビーバー

ビーバー

歯のコンプレックスは「出っ歯(上顎前突)」なアラサー女子。歯周病になったことをきっかけに手磨きをやめて電動歯ブラシ派に。現在ソニッケアーとドルツを使い分ける自称歯磨きオタク。

合わせて読みたい

この記事に関連するタグ